日本の保育園システム

おはようございます、やすまるです。

もうすぐ、引っ越しのシーズンですね??

そんな流れに乗って、

やすまるも、いよいよ引っ越しでーす!!

もう、ダメだと諦めていた保育園に、

まさか、3人一緒に入園できることになり、

ホッとしまくりです。

これで、専業主婦にならずに済んだよー!!

働ける♥

やすまるは、

仕事をしていないと、

自分を保てない人間なんですよねぇ…。

だから、

今回は、長男の時ように、

育休中に保育園が決まらず退職するという、

最悪の展開にだけはなりたくなかったんです。

回想です!!

長男は12月生まれなので、

0歳4月入園の保育園の申し込みは、

生まれた時には既に終わっていたんです。

そもそも、

不妊治療をして、

やっと授かった可愛い我が子を、

生後3ヵ月から、

保育園に預ける気持ちになれませんでした。

赤ちゃんが生まれた月によって、

保活の結果は、

ある程度決まってるようなものです。

おかしい。

あー、おかしい。

だってさ、

4月、5月、6月くらいまでに生まれたら、

1年近く育休も取って、

0歳4月入園の申し込みができるんですよ。

1月、2月、3月生まれなんて、

申し込みすらできないし、

自動的に1歳4月の申し込みになり、

最難関の1歳4月入園になってしまう…。

ただただ不利なだけですよね。。。

ありえない。

長男の時の保活を思い出しただけで、

イライラする!!

だからこそ、

0歳4月に申し込まなきゃ、

保育園に入園できないと思っていたので、

本当は、もう少し一緒にいたかったけど、

この時期を逃す訳にはいきませんでした。

生まれ月に関係なく、

育休期間は平等に与えられて、

保育園に全入できるシステムになれば、

もっと安心して子供を産めるのにねー。

1人目の保活で苦労しすぎて、

2人目を考えられない人だって多いはず。

政治家さんたち、

もっと、子育てと仕事を両立できるような、

国民目線のシステムを作ってよ。

何が、少子対策だよ!!!

定義上、

待機児童ゼロとか若干名で公表されてるけど、

保育園に落ちた人がどれだけいることか。

本当は、もう少し育休を取りたくても、

仕事復帰することを考えると、

0歳4月の保育園の申し込みしか選択肢がない。

そんなの、

やっぱり、おかしい。

働きたいのに働けないという状況は、

どう考えても、おかしいよね。

育休明けに保育園がなくて、退職ってさ…。

労働人口を増やした方が、

税収も増えるし、メリットありませんか?!